mexc.com/exchange/XWIN_USDT

XWINトークンは、2018年に設立されたシンガポールを拠点とする暗号資産取引所MEXC(エムイーエックスシー)にて2022年4月2日から上場を継続中です。コミュニティからは「抹茶(Matcha)」の愛称で親しまれているMEXCとXWINとのコラボレーションをぜひお楽しみ下さい。

xWIN Group

xWIN Groupはグローバルに事業を展開しています。日本、シンガポール、マレーシア、マリ共和国、ベトナムを中心に、DeCom(Decentralized Community)の概念で全世界からファミリーメンバー全員でxWINの運営をしています。

日本を事業活動のベースとし、xWINグループ全体の運営及び「暗号資産と現実社会の融合」をグローバルで推進します。(発行元はシンガポール)

・NFTプラットフォームのリリース、運営

・Telegram、TwitterなどのSNSを中心としたxWINコミュニティの運営

・プロスポーツクラブとのスポンサー契約、事業連携の検討

・地方活性化(川根本町、周防大島)

・xWIN子ども食堂、苗場リゾート、キャンピングカーなどの展開

・STVG、HardoLass、LIVER HOUSEなどグループ各社との事業展開、出資

【暗号資産取引所MEXCのアセスメントゾーンでの取扱い】

現在、私どものXWINトークンは、MEXCのアセスメントゾーン内におりますが、xWIN Groupにおけるコミュニティ結束に一定の評価があることから、MEXCから特別枠をいただいております。しかしながら、市場環境がよくない中での、XWINトークン特有の低ボラティリティゆえに価格が安定し過ぎていることから取引量が既定数に達しておりません。XWINトークンは以下の特徴を持ち、長期保有に優れていると運営サイドは自負しております。

・XWINトークンはIDO、IEO等をしておらずダイレクトリスティングにて価格がついています。すなわち、潜在的な売り圧力はありません。

・ベンチャーキャピタルからも出資を受けていないため、将来的にXWINトークンが法定通貨に交換される予定はありません。

・XWINトークンホルダーは大口となる傾向があります。特に、エンジェル投資家のネットワークが強力であり、その拡大を目指しています。

・日本国内では、ライバーハウス(投げ銭)など縁起の良いハッピートークンのような位置づけですが、グローバルでは機関投資家、金融機関・超富裕層への普及を目指すといったラグジュアリーブランド構築を心掛けております。

「MEXC」の上場の取引ペアはXWIN/USDTで、中央集権型取引所としては2例目です。1例目はP2B取引所で、日本では有名ではないですがスイスが本社で電子国家エストニアを拠点としています。P2Bは、最近ではランキングを上げてきています。取引所間でのアービトラージをしていただいてもいいですし、DEXを組み合わせてのアービトラージも可能です。DEXはApeSwap、PancakeSwap、BabySwapが主流です。

--

--

みなさん、こんにちは!

今回は、「TREASURY BILLSの買い方」について紹介します。

トレジャリービルについては、こちらを参照してください

TREASURY BILLSの買い方

ApeAwapにウォレットを接続します。

--

--

--

--

みなさん、こんにちは!

今回は、「流動性提供の仕方」について紹介します。

XWIN-BNB LPは、XWIN.financeで購入する方法とApeSwapやPancakeSwapなどに流動性を提供することで入手する方法があります。

LPを入手することで、xWIN.Financeでファーミングが可能となり、XWINトークンをファーミング報酬として受け取ることができるようになります。

apeswap.financeでの流動性提供の仕方

apeswap.financeの「CONNECT WALLET」をクリックしてウォレットを接続します。

--

--

xwin.finance

xWin is DEFI platform built with Binance Smart Chain blockchain technology. It provides sector index, farming vault and variety of vaults to maximize returns